帰化とは?

帰化とは、日本国籍を取得することです。帰化申請とは外国人が日本人になる申請手続きになります。在日韓国・朝鮮人の方々や留学で日本に来て日本人と結婚した外国人の方、日本で就労している外国人の方の多くが毎年、日本国籍を取得したいと考え、帰化申請をしています。年間で1万人前後の方が許可になっています。

帰化申請は主に「国籍法」によって規定され、その申請のためには戸籍法、入管法、会社法、民法、税法、年金法、刑法など幅広い法律が関わってきます。帰化申請の申請先は法務局です。法務大臣が許可、不許可の最終決定を行います。

帰化6つの条件

その1・・・引き続き5年以上日本に住所を有すること

※ 引き続き5年以上ですので、中断があれば「引き続き5年以上日本に住所を有する」とはなりません

次の方は条件が緩和されています

① 日本国民であった者の子(養子を除く)で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有する者

② 日本で生まれた者で引き続き3年以上日本に住所若しくは居所を有し又はその父若しくは母(養母を除く)が日本で生まれた者

③ 引き続き10年以上日本に居所を有する者

④ 日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有し、かつ現に日本に住所を有する者

⑤ 日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ引き続き1年以上日本に住所を有する者

⑥ 日本国民の子(養子を除く)で日本に住所を有する者

⑦ 日本国民の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ縁組の時、本国法により未成年であった者

⑧ 日本国籍を失った者(日本に帰化した後、日本国籍を失った者を除く)で日本に住所を有する者

⑨ 日本で生まれ、かつ出生の時から国籍を有しない者で、その時から引き続き3年以上日本に住所を有する者

その2・・・20歳以上で本国法によって能力を有すること

※ 上記④⑤⑥⑦⑧⑨の方は「20歳以上で本国法によって能力を有する」という条件が免除されます

その3・・・素行が善良であること

※ 交通違反、税金には注意が必要です

その4・・・自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること

※ ⑥⑦⑧⑨の方は条件が免除されます

その5・・・国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと

その6・・・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと

帰化は国籍法で「普通帰化」「簡易帰化」「大帰化」の3種類が規定されています。それぞれに異なった帰化の要件が決められています。